ホリエモン推薦
【堀江貴文・ホリエモンも推薦】397時間動画パソコン教室DVD4枚組

PCバックアップの基礎知識

PCのバックアップは、定期的に行っていますか?突然のハードディスクの故障やウイルスによってファイルが削除された、パソコンが起動しなくなったなどのトラブル時にバックアップデータが役に立ちます。バックアップした時点までの状態に戻すことができるからです。

バックアップの方法には大きく2つの種類があります。一つは、今使用しているシステムごとバックアップを取る方法と、自分で作成したデータのみをバックアップする方法です。システムはもう一度設定しなおせば元に戻りますが、自分で作成したデータなどはそう簡単にはいきませんからデータのバックアップは重要です。

保存されている個人データの中でも、メールデータやアドレス帳などもバックアップしておきたいデータではないでしょうか?これらも実は簡単にバックアップできるようになっていますので、文書データや画像データと一緒に定期的にバックアップすると良いと思います。

バックアップをするときのポイントとして、何にバックアップするかということも重要になります。個人的なデータであれば、外部メディアであるMOやDVDに保存するのが良いと思います。同じハードディスクにしていては、もしものとき利用できなくなる可能性があります。

PCバックアップに必要な記憶媒体

パソコンのデータのバックアップの必要性が身にしみてわかるのが、パソコンの急なトラブルでデータを消失したときです。せっかくの今まで貯めていた家族との思い出の写真や仕事の大事な文書などが二度と戻ってこないこともあるのです。そうならないためにもすぐにでもバックアップをしておくべきです。

データのバックアップをする方法ですが、まず記録しておく記憶媒体が必要です。それはデータの量によりますが、代表的なものには別のパソコン、外付けハードディスク、CD、DVD、MOなどがあります。これらに単純にデータをコピーをしておくだけでいいのです。その作業をソフトで管理することもできます。

こうしたいくつもの記録媒体の中でよく使われるのがCD-RとDVD-Rです。これらに保存をしようと思えばライティングソフトが必要です。この2つの媒体の大きな違いは保存できる容量の違いで、CD-Rは650MBか700MBであるのにDVD-Rは4.7GBと大容量になっている点です。保存したいデータによって選択をすればいいと思います。

とても便利なCD-RとDVD-Rですが、どうしても記録面に傷が入ったりするとデータを取り込めなくなったりします。そうするとバックアップの意味がなくなるので媒体の保存には注意が必要です。ただ、ほとんどのパソコンで使えるのでバックアップファイルを取り出しやすい利点があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。